聖墳墓教会にあるキリストのお墓

エルサレム旧市街には、イエスさまのお墓だと伝承されている石墓を中心とした墳墓教会(せいふんぼきょうかい)があります。

 

ローマ帝国皇帝コンスタンティヌス1世の母ヘレナが326年にイスラエルを訪れ、奇跡的なお導きによって聖遺物を発見し、そこに聖堂を建てたと伝えられています。

 

聖墳墓教会に安置されているキリストのお墓や聖遺物。

 

聖墳墓教会にある聖遺物

聖墳墓教会に入るとまず、イエスさまの聖骸(ご遺体)を置いて香油を塗ったと伝えられているピンク大理石があります。

 

聖墳墓教会にあるイエス・キリストの聖骸を横たえたピンク大理石の聖遺物。

 

 

 

聖墳墓教会の中心には、イエスさまを埋葬したお墓だと言われている石墓にエディクラが建てられ、厳重に管理されています。

 

聖墳墓教会にあるエディクラ(小聖堂・礼拝堂)。

 

 

石墓は厳重に管理されているために手を触れることができませんが、イエスさまの聖骸を横たえたと言われているピンク大理石は、それに手を置いて祈ることによって病気が癒されたり、悪霊から解放されてきよめられたり、神聖な力を受けることを体験している人が多いことから、聖遺物として伝統的に認められています。

 

聖墳墓教会にあるピンク大理石の聖遺物で癒しや解放の奇跡。

 

 

 

ただし、実際にイエスさまが埋葬されたと聖書に書かれている場所の記述とは異なる地形の場所に建てられているため、石棺やピンク大理石の板だけをここに持ち運んで聖墳墓教会を建てた可能性はあります。

 

そして、聖書の記述と一致する場所で発見された「キリストの墓」が、The Garden Tomb (園の墓)です。

 

キリストの墓

 

 

関連ページ

 

キリスト 復活

 

復活の日

 

最後の審判

 

贖い

 

キリスト教 墓石

 

 

キリスト教お墓支援センター

キリスト教 墓