キリスト教の墓石 設計・施工

キリスト教墓石は、イエス・キリストへの信仰を表明するモニュメントであり、復活の日に備えるという意味もあります。

 

最後の審判の時に、神さまの御力によって新しい体によみがえらされることに備えながらも、キリスト教信仰を子孫に継承していく記念碑でもあります。

 

世々のクリスチャンは、様々な墓石をデザインして、私たちに尊い信仰を伝えて下さっています。

キリスト教の墓石のデザイン

キリスト教墓石のデザインは、大別すると@石棺型とA焼骨型があります。

 

「石棺型」(せっかんがた)の墓石には、ご遺体にエンバーミング処置をして、肉体のまま埋葬します。日本ではあまり馴染みがないですが、欧米の歴史では主流であり、日本でも申請をすれば可能な場合も有ります。

 

キリスト教墓石の形式。石棺型のお墓デザイン。

 

 

「焼骨型」(しょうこつがた)の墓石には、火葬した後のお骨を納骨します。地域によって、骨壷ごと入れる場合もあれば、遺骨だけを納骨することもあります。

 

キリスト教墓石の形式。焼骨型のお墓デザイン。

 

 

また、キリスト教墓石を詳細に分類すると、十字架型、聖書型、石板型、家型、錨型など多岐に渡るデザインがあります。

 

「キリスト教お墓支援センター」では、オリジナルのカタログをご用意しておりますので、資料をご請求下さい。

 

ご希望に応じて、オーダーメイドでのオリジナルデザインの墓石を作ることも可能でございますので、お気軽にご相談下さいませ。

 

キリスト教の墓石を設計し、施工する業者。デザインのカタログや資料請求。

 

キリスト教の墓石の文字

キリスト教墓石に刻む文字は、聖書に規定があるわけではありませんので、それぞれの教会の伝統やご依頼者の希望に応じて自由に決めることができます。

 

「感謝」や「絆」のように大きい文字の方もいれば、聖書の一節を刻む方もおられますし、十字架を彫る方もおられます。

 

「RIP」と書かれているのは、「Requiescat in Pace」の頭文字で、「安らかに眠り給え」という意味のラテン語です。

 

「IHS」と書かれているのは、イエズス会の紋章です。

 

「INRI」 は、「IESUS NAZARENUS REX IUDAEORUM」の頭文字であり、「ナザレのイエス、ユダヤ人の王」という意味のラテン語です。

 

墓誌の名前は、本名をそのまま刻む方が多く、カトリック信者の方は洗礼名を刻印したりします。

 

キリスト教の墓石の価格

キリスト教墓石の価格は、石材の種類や大きさとデザインに応じて変わります。

 

キリスト教の墓石の価格お見積り。工事費用まで含めた総額の値段。
ご希望に応じて無料でのお見積りをさせていただきますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

キリスト教の墓石の価格無料お見積り。キリスト教のお墓を建てる石材業者。

 

 

運営者情報

「キリスト教お墓支援センター」

キリスト教 お墓

 

 

Topページ

キリスト教 墓

 

 

関連ページ

 

聖墳墓教会

 

キリストの墓

 

キリスト 復活

 

復活の日

 

最後の審判

 

贖い

 

キリスト教 墓石

 

キリスト教 お墓